AGAの原因DHTとは

AGAの原因DHTとは

AGAの原因DHTとは

男性型脱毛症のAGAの原因は主にDHT(ジヒドロテストステロン)です。このDHTと言う言葉を耳にした事がある方は少ないと思いますので、今回はこのDHTについて解説していきたいと思います。

 

DHTとは

DHTとはAGAの最大の原因である居力な脱毛作用のある男性ホルモンの事です。DHTは男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)により、変換されてできる脱毛作用のある男性ホルモンです。このDHTは皮脂腺の受容体と結合して皮脂を過剰分泌させて毛穴を塞いだり、毛乳頭の最下部にある受容体に結合する事で髪の毛の成長を妨げ、髪の毛が十分に成長する前に抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。そしてこのような事を繰り返し行う事でヘアサイクルが乱れて薄毛が進行していく事になるのです。

 

THは9割が精巣で作られていて、残りは副腎で作られている男性ホルモンの一種です。DHTはテストステロンの不足を補うために5αリダクターゼ酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。以下の表にそれぞれの違いをまとめてみました。

 

TH(テストステロン) DHT(ジヒドロテストステロン)
生殖器の増大 薄毛
性欲の増加 体毛の増加
精子形成の増加 精力減退
骨格・筋肉の成長 前立腺肥大
やる気・行動力の増進  

上記の表を見ると分かると思いますがDHTは男性にとって不要な者ばかりです。つまりAGAを克服するにはDHTと戦う事になるという事です。AGAの疑いがある方は一刻も早く専門のクリニックを受診するようにしましょう。

 

AGAスキンクリニック


ホーム RSS購読 サイトマップ