育毛剤の種類

育毛剤の種類

育毛剤の種類

育毛剤には2種類あります。1つは「塗る育毛剤」も1つは「飲む育毛剤」です。どちらも同じ育毛剤なのですが、それぞれにメリットとデメリットありますので理解してから使用するようにしましょう。

 

塗るタイプの育毛剤

一般的な育毛剤が塗るタイプの育毛剤です。塗る育毛剤は直接頭皮に育毛効果のある成分を塗っていきます。塗る育毛剤は使用方法さえ間違わなければ十分な効果が見込めます。特に頭皮環境の改善にはとても効果があるので、頭皮環境が悪い方は塗る育毛剤を使用するのが良いでしょう。
ただし、その育毛成分がしっかりと毛穴の奥まで届かなければあまり意味が無いので、正しい育毛剤の使い方をするようにしてください。

 

塗るタイプの育毛剤は効果が現れるまでにそれなりの時間がかかります。早い人でも約3ヶ月後ぐらいに効果が現れ、一般的には半年ほど使い続ける必要があるとされています。しかし、使用していてヒリヒリ感や痒みなどの違和感を感じた場合は直ちに使用をやめるようにしてください。
そのような違和感を感じてからも使用を続けると肌トラブルの原因となってしまいます。使用を辞めてからも症状が改善されない場合は皮膚科などを受診するようにしてください。

 

飲むタイプの育毛剤

塗るタイプの育毛剤の他に、飲むタイプの育毛剤も最近では人気があります。飲むタイプの育毛剤は、塗るタイプのものよりも効果が高いので多くの方が利用しています。最近では塗るタイプの育毛剤を購入すると飲む育毛剤をサービスで付いて来たりする商品もよくあります。飲むタイプの育毛剤の人気の理由は「効果が高い」です。なぜ飲む育毛剤の方が効果が高いのかと言いますと、体内から育毛を邪魔している原因を排除する事ができるからなのです。しかし、飲むタイプの育毛剤にはデメリットもあります。1つは値段が高い事、もう1つは副作用がある事です。効果が強いと言う事は、それだけ体への負担もあるので副作用が現れる方も稀にいます。ですから、飲むタイプの育毛剤を服用して、体に異変を感じた場合は直ちに服用をやめて、専門の医師に相談するようにしてください。

 

フィナステリド系の育毛剤

フィナステリド系育毛剤は、プロペシアに含まれている成分の1つなので効果は非常に高く、比較的副作用は少ないのが特徴です。元々は前立腺がんの薬として開発されたのですが、後々育毛効果がある事が発覚して現在では薄毛治療のクリニックなどでも処方されるようになっています。フィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあり、AGAの原因であるDHTの生成を抑制してくれます。ですから、AGAの方でプロペシアとフィナステリド育毛剤を服用している方も実際にいらっしゃいます。

 

ミノキシジル系の育毛

ミノキシジル育毛剤は育毛効果が非常に高くとても人気があります。元々は高血圧の治療薬だったのですが、後々多毛性の副作用が発覚して現在では最も育毛効果のある育毛剤として注目を集めています。ミノキシジルはフィナステリドの効果とは違い、血行促進、頭皮環境の改善、毛母細胞の細胞分裂を促進させる働きがあります。しかし、ミノキシジル育毛剤は副作用がきつく、ミノキシジルの含有量によっては深刻なものまでありますので、必ず医師の診察のもと服用するようにしてください。

 

サプリ系の育毛剤

サプリ系育毛剤は、塗るタイプの育毛剤を購入するとサービスで付いている事がよくあります。亜鉛などの育毛促進に良い成分が配合されていて、ドラッグストアなどでも手軽に手に入れる事ができます。またサプリの良い所は、健康食品なので副作用が無く、誰でも気軽に服用できるところです。育毛剤プラス同メーカーの育毛サプリを併せて使用すると最も効果的です。

 

以上のように育毛剤には塗るタイプのものと飲むタイプのものがあります。どちらもメリットデメリットがありますが、それぞれの症状に合わせて使用するようにしましょう。特に薄毛の状況が深刻な方は、医師の診察のもとフィナステリド育毛剤などを服用すると効果的と言えるでしょう。薄毛の状況がそこまで深刻でない場合は、育毛剤プラス育毛サプリでも十分に効果があるので是非お試しください。またミノキシジル育毛剤は非常に効果が強いとされていますが、それだけ副作用も深刻になる場合がありますのえ使用する際は、必ず医師に相談するようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ