育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

育毛剤を使用していても効果が無い人はたくさんいます。それは、育毛剤に効果が無いのではなく、自分に合った育毛剤を使用していないと言う事と、もう1つは正しい使い方をしていないと言う理由が挙げられます。自分の薄毛の症状に合っていない育毛剤を使用している人は、育毛剤を変えれば問題ないのですが、使い方を間違っている方はいくら育毛剤を変えても効果を実感する事ができません。つまり育毛剤の効果を十分にに実感していただく為には、あなたに合った育毛剤を使用すると言う事と、正しい育毛剤の使い方を実践すると言う事が重要になってきます。そこで当ページでは育毛剤の正しい使い方手順をご紹介しますので、育毛剤の効果を実感できていないと言う方は今一度育毛剤の使い方を見直してみてください。

 

育毛剤を使用する前に

育毛剤を使用する時、いきなり育毛剤を使用するのではなく、しっかりと髪の毛や頭皮の汚れを落としておく必要があります。頭皮が汚れた状態で育毛剤を使用しても何の意味もないので、1日の溜まった汚れをしっかり落として頭皮を綺麗な状態にしておいてください。つまり、育毛剤を使用する一番最適な時は「入浴後」と言う事になります。さらに育毛剤の効果を十分に発揮させるためには、育毛シャンプーなどを使用する事をおすすめします。育毛シャンプーは血行促進作用があったり、頭皮に溜まったフケや埃などの汚れを綺麗に洗浄してくれる効果があります。一般的なシャンプーでも問題は無いのですが、気になる方は育毛シャンプーを使用する事をおすすめします。この入浴時のシャンプーをしっかりとして、頭皮に溜まった汚れをしっかりと落しておいて下さい。

 

正しいシャンプー方法

育毛剤を使用する前の先発が重要になってくるのですが、ここでの注意点はシャンプーのやり方です。シャンプー時はしっかりと頭皮をマッサージするように洗髪してください。この時に爪を立てるのはNGです。爪を立てずに指の腹部分でしっかりとやさしく頭皮マッサージをしてあげてください。頭皮マッサージのポイントは外側から内側にやさしく押し込むような感じです。そして、シャンプーが完了するとタオルで十分に水分を拭き取ってからドライヤーでしっかりと乾かしてください。

 

育毛剤の使用

髪の毛を十分に乾かしましたら、いよいよ育毛剤を塗布していくのですが、この時のポイントは「一番気になっている部分に塗布する」です。スプレータイプでもノズルタイプでも初めは薄毛が気になる部分に育毛剤を付けて行きます。それから全体的に揉み込みながら広げていきます。育毛剤をハゲている部分だけに付ける方が多いのですが、そうではなく全体的に広げてあげてください。その理由は、薄毛の原因は頭皮全体が不健康になっているからです。ほとんどの方が勘違いしているのが、その局部だけが不健康になっているからハゲていると思い込んでいる事です。薄毛の原因はそうではなく、頭皮全体にあるのでしっかりと育毛剤を全体に広げてあげてください。

 

育毛剤の効果を十分に発揮させるポイント

育毛剤の使い方は上記で説明したとおり、入浴後の頭皮が綺麗な状態で使用するのが一番効果があります。しかし、入浴後に育毛剤の仕様を忘れてしまった場合は就寝前に使用するようにしてください。ただし、就寝前に使用する場合は、血行を良くするために軽くストレッチなどをするようにしてください。また、髪の毛は睡眠中に成長しますので、睡眠不足は薄毛の大敵です。ですから、しっかり睡眠をとるようにしてください。それから、ストレスも薄毛の大敵ですのでストレス発散を心がけるようにしましょう。その他は食生活に十分気を付けるようにしましょう。特に脂肪分の多い食事が好きな方は注意が必要です。薄毛の原因は様々な要因が重なって抜け毛が発生するので、育毛剤だけの力に頼るのではなく日々の生活習慣にも気を付けるようしましょう。

 

育毛剤を使い始めた頃に起こる初期脱毛

育毛剤を使い始めた頃によく起こる症状が「初期脱毛」です。この初期脱毛はヘアサイクルが関係していて、休止期にある毛が抜け落ちているだけなので気にする必要はないでしょう。抜け毛が増え始めても育毛剤の仕様を辞めないでください。休止期にある毛が抜け落ちる症状は、土台となる頭皮がしっかりし始めている症状ですので安心して頂いても大丈夫です。どういう事かと言いますと、古い毛が抜け落ちずに毛穴に入ったまま新しい毛が生えてくるのを邪魔していた言う事なのです。ですから、初期脱毛で元のヘアサイクルに戻りますので発毛を促進させる事となるのです。ですから初期脱毛が始まったからと言って、育毛剤の使用を途中で辞める事はしないでください。ただし、育毛剤を使用した事で頭皮がヒリヒリしたり、痒み等の肌トラブルが発生した場合は直ちに使用をやめるようにしてください。それはあなたのお肌に合っていない証拠なので、仕様を辞めて皮膚科などを受診するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ