ストレスが原因による抜け毛

ストレスが原因による抜け毛

ストレスが原因による抜け毛

ストレスを溜めこむと薄毛になりやすい!抜け毛が増えた!と言う声をよく耳にしますが、これは事実でストレスは髪の毛にとって良くありません。しかしそうは言っても現代社会にストレスは付き物で、ストレスから完全に切り離す事は難しいと言えます。そこでストレスと上手に付き合って少しでも抜け毛の量を減らす為にストレスが原因で薄毛になる仕組みを理解しておきましょう。

 

ストレスが原因で薄毛になる

私達人間の血管には自律神経が分布されています。この自律神経は「交感神経」と「副交感神経」から構成されています。交感神経の働きは血管を収縮させることで、副交感神経の働きは血管を拡張させる事です。そして日々の生活でストレスを感じ始めると交感神経が働き出して血管を収縮させてしまうのです。欠陥が収縮されると血行が悪くなります。血行が悪くなると頭皮まで十分な栄養が届かなくなります。すると、毛乳頭や毛母細胞に栄養素が運ばれなくなり、髪の毛が痩せ細り最終的に抜け落ちてしまうのです。

 

ですからストレスは薄毛の方にとって天敵となるので、日々の生活でストレスを感じている方は注意が『必要なのです。またストレスは他にも「ホルモンの乱れ」「睡眠障害」「血行不良」「過剰な皮脂の分泌」等々の原因にもなります。これらはどれも髪の毛にとって悪影響しか及ぼしません。その中でも特に注意が必要なのが睡眠障害です。日常でストレスを受けているのにさらに睡眠不足でストレスを溜めてしまうと、ストレスを発散する事ができなくなるからです。ですから、ストレスを溜めこまない事が一番良いのですが、現代社会ではまず無理なので、ストレスを如何に発散できるかがポイントとなってきます。

 

ストレス発散で抜け毛を減らす

ストレスを受けない生活を送るのは難しいと思うので、ストレスを溜めこまない生活を送るようにする事が抜け毛を減らすポイントとなってきます。いわゆるストレス発散と言う事なのですが、ストレスは発散する事ができます。人それぞれストレス発散方法は違いますが、何でも良いのでストレスを発散する事に集中してください。おすすめは「睡眠」「軽い運動」「ジョギング」「サイクリング」「ショッピング」「趣味」等々です。他にも何でも良いのですが、自分が一番ストレスを発散できる方法が一番好ましいです。定期的にストレスを発散する事で、頭皮環境も徐々に良くなり抜け毛の量が減ってきます。育毛剤を使用するのも良いのですが、同時に頭皮環境も整えてあげる事もしっかりとするようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ