タバコが原因による抜け毛

タバコが原因による抜け毛

タバコが原因による抜け毛

タバコを吸うとハゲるの?タバコは抜け毛の原因?と心配している方もたくさん居ると思うのですが、仰る通りタバコが原因で抜け毛は促進されます。タバコは「百害あって一利なし」と言われている通り私達人間の体にとって良い事など1つも無いのです。タバコは髪の毛だけでなく他の機能にも影響があるとされていて、最近では禁煙をする人が増えてきました。特に外出先の喫煙所が減ってきた事もあり、こん後はどんどん喫煙者が減る一方でしょう。では、タバコが髪の毛にどのような影響を及ぼしているのかについて説明していきます。

 

タバコの害

タバコを吸っている人なら誰もが一度は見た事があるピンク色の灰が真っ黒に変化した画像。あの画像を見るだけでもタバコがどれだけ有害物質かという事が分かりますよね。タバコを吸い続ける事で、キレイなピンク色の灰が真っ黒になり「肺がん」などの呼吸器系器官の疾患をはじめとした病気を引き起こしてしまうのです。また、タバコは内臓系にも悪影響を与え、特に肝臓に影響を及ぼします。肝臓は髪の毛にとって最も重要な働きをする臓器なのです。ですから、タバコを吸い続ける事で肝臓が弱ってしまうと、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

タバコは私達人間の体にとって害しかありません。その有害物質を喫煙によって体内に摂りこむ事によって「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」等々が体内に蓄積され健康な身体が不健康な身体へと変化していくのです。これらの有害物質は尿などで排泄されると言われていますが微々たるものでほとんどが体内で蓄積されています。すると最悪の場合「ガン・循環器系の疾患・呼吸器系の疾患・潰瘍」などの病気が引きおこってしまうのです。このようにタバコは私たちにとって有害しかなく、髪の毛にとっても当然有害しかないのです。タバコの影響で肝臓が弱り、頭皮まで十分な栄養素を送り届ける事ができなくなり、髪の毛の成長が止まり、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

タバコの有害物質は血行不良の原因

薄毛・抜け毛にとって良くない症状の1つが「血行不良」です。上記でも説明しましたがタバコは血行不良を促進させる有害物質です。タバコに含まれるニコチンを体内へ取り込む事によって自律神経を刺激し血管を収縮させてしまうのです。血管を収縮させると血圧が上がり、血圧が上がると血液の流れが悪くなり血行不良になってしまいます。血液は栄養や酸素を送ってくれる働きがあるので、その血液の流れが悪くなると体の隅々まで栄養や酸素が行き届かなくなリます。そして、頭皮へ栄養や酸素が送られる順番は一番最後になるので血行が悪くなると頭皮まで栄養が届かなくなってしまうのです。つまり、頭皮へ栄養が届かないという事は髪の毛の成長が止まり、抜け落ちてしまうという事なのです。

 

髪の毛は毛根の最下部にある毛乳頭から栄養を受け、毛母細胞が刺激を受けて細胞分裂を活発に繰り返し行う事で髪の毛が生成されて成長していくのです。しかし、肝心の栄養が毛乳頭に届かないとなると、細胞分裂を行う事ができないので、髪の毛の成長は止まり、新しい毛も生成される事なく、古い毛が抜け落ちて終わりという事になるのです。ですから、タバコは髪の毛にとって良い事が1つも無いので、今すぐにでも禁煙を始めた方が良いでしょう。髪の毛を触ってみてください、あなたの髪の毛にコシやハリはありますか?なければ時間の問題ですから十分ご注意ください。禁煙開始と同時に育毛剤で抜け毛が増える前に対処する事をおすすめします。

 

ビタミン不足はタバコに含まれるニコチンが原因

髪の毛の成長にはビタミンが良いとされています。特にビタミンCは髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果があり、ビタミンEは血行を正常に保つ為の血管の拡張作用があります。つまり髪の毛の成長にはビタミンCとビタミンEが必要不可欠なのです。ですからビタミンCとビタミンEが含まれた食事を摂る事が髪の毛にとって良いのですが、喫煙する事によってニコチンでビタミンCが破壊されてしまうのです。ビタミンCが破壊されるとビタミンEの吸収率も悪くなってしまうので、どれだけビタミンを豊富に含んだ食生活をしていたとしても、タバコを1本吸うだけで全て破壊されてしまうのです。結果的に、髪の毛は痩せ細りハリやコシが無くなり抜け落ちてしまいます。喫煙をしている人がどれだけビタミンの豊富な食事を摂っても、どれだけ効果のある育毛剤を使用しても効果が現れにくいのは、全てタバコが破壊しているからなのです。

 

タバコが原因で悪玉コレステロールの増加

タバコを吸う事によって悪玉コレステロールが増加し、中性脂肪が増えて動脈硬化等のリスクが高まってしまいます。悪玉コレステロールを減らす為に必要な成分がタウリンと言われていて、タウリンは体内で生成されています。このタウリンの生成に必要な物が「メチオニン」と言うアミノ酸です。このメチオニンは髪の毛の生成には欠かす事ができない成分で、メチオニンが不足すると髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまうのです。また、タバコの成分は悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあります。酸化コレステロールは血管の内側に付着して血管のつまりの原因となり血行不良の原因となり結果的に抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。また、最悪の場合動脈硬化なども発症してしまう恐れもあるので一刻も早く禁煙するべきなのです。

 

禁煙が抜け毛の原因になる場合も

上記でタバコの害について説明してきて、タバコを辞めようと思った方も少しは居ると思います。しかし、禁煙を始めた事で抜け毛が促進される場合もあるので注意が必要なのです。ではなぜ禁煙が原因で抜け毛が促進されるのかについてなのですが、答えは「ストレス」です・禁煙を始めた事によってストレスをj感じる人も少なくはありません。禁煙を始めてストレスを溜めこんで抜け毛を増やしていれば本末転倒ですね。ですから、禁煙を決意した方はまずは禁煙外来などで専門の医師相談するようにしてください。そこで正しい禁煙方法を実践しながら、あなたに合った育毛剤などで薄毛を克服するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ